政治・経済 メモ代わりに

情報の集積

小沢氏秘書、立件へ詰め 青木愛議員派の選挙違反事件

朝日新聞」より転載。

★引用開始★

小沢氏秘書、立件へ詰め 青木愛議員派の選挙違反事件

2007年08月30日07時16分

 7月の参院選比例区で当選した民主党の青木愛氏陣営による公選法違反事件で、報酬を支払う約束をして選挙運動用ポスターを張った看板数千本を立てさせたとして利害誘導容疑で千葉県警に逮捕された印刷会社社長が、看板設置は小沢一郎・民主党代表の政策秘書(45)の指示だったと供述していることがわかった。県警は、2人が頻繁に電話でやりとりしていた事実も把握しており、秘書の共犯容疑での立件を視野に詰めの捜査を進めている。

 県警は24日、印刷会社「集賛舎」社長島正彦容疑者(50)と看板会社「ダイニチ」社長鷲尾練太郎容疑者(38)を逮捕。公示前日の7月11日ごろ、島容疑者が鷲尾容疑者に、青木氏の選挙運動用ポスターを張った看板数千本を県内を中心に立てるように依頼し、1本につき500円の支払いを約束した疑い。

 公選法は、車の運転など単純な労務や選挙カーの乗員ら特定の運動員については報酬の支払いを認めている。しかし、県警は、今回はこれらの例に当たらず本来は無償で行われるべきだったと判断。報酬の支払先が会社で、その契約関係を利用した点が利害誘導に当たるととらえた。

 これまでの調べで、島容疑者と秘書は6月下旬〜7月上旬、看板の立て方や本数、報酬額などについて電話などでやりとりをしていた疑いが新たに浮上した。これに先立つ6月5日には、青木事務所側と島容疑者側とで政治活動用ポスターを張った看板を立てる契約を結んだ際にも、秘書が立ち会っていたとされる。

 調べに対し、島容疑者は、秘書の指示を受け、看板設置の指示文書を作ったことを認めているという。県警は、島容疑者が下請けのダイニチ側に7月11日ごろにファクス送信した文書も押収した。

 関係者によると、看板設置期間を公示後の7月13日から下旬までとするほか、報酬を支払う約束なのに「ボランティアという認識でお願いします」などと依頼する別の文書もあったという。

 県警は、陣営での秘書の役割や看板設置への関与について、関係者から事情を聴くとともに、押収資料を分析している。

 陣営関係者によると、秘書は、看板について陣営幹部から相談を受けて了承していたが、「利害誘導に当たらないよう注意しており、公選法違反には当たらない」と話しているという。

 青木氏は03年の総選挙に千葉12区から立候補して敗れたが、比例区で復活当選。05年の総選挙で落選した後、小沢代表の秘書も務めた。

 今回の参院選比例区で、民主党候補では3位にあたる29万7034票を獲得。青木氏の擁立は党本部が主導していた。有力候補としてこの政策秘書が送り込まれ、選挙対策にあたっていたという。

★引用終了★

 喜八のボヤキ「淡々と記録しておきます・・・」


最強ブログランキング 投票お願いします!



ビリーズブートキャンプ

舛添厚労相!安倍改造内閣サプライズ

スポーツ報知」より転載。

★引用開始★

舛添厚労相!安倍改造内閣サプライズ

 安倍改造内閣が27日、発足した。参院選惨敗から人心一新を狙う安倍晋三首相(52)は、政権運営を再三批判してきた舛添要一・自民党参院政審会長(58)を厚生労働相に抜てき。同じく「反安倍」だった高村正彦元外相(65)を防衛相に処遇。また注目の官房長官には、与謝野馨・前経財相(69)を起用。挙党態勢を狙った陣容だが、「派閥均衡だ」「新鮮味がない」など批判が早くも出ている。

 「安倍批判」の急先鋒(せんぽう)にまさかの重職が回ってきた。

 不満分子を迎え入れた形の安倍首相の手法に舛添氏は「『いろんな人を入れました』というアリバイづくり(の人事)だけではダメ」とまずは一刺し。「首相を支えるというよりも国民に対して仕事をしていく」とさっそくほえた。

 午前中は東京・世田谷区の自宅近くの整骨院で2時間マッサージを受けた。参院選の選挙活動中に暴漢に襲われた際に痛めた腰の治療だった。

 舛添氏は参院選前からの閣僚の不祥事連発で、対応に後手に回った安倍首相を「裸の王様になりかかっている」「内閣は危機管理能力ゼロ」とこき下ろし続けた。参院選当日に続投を表明した首相を「世間の常識が分かっていない」と辞任を迫る発言もした。ところが「まさかこういう結末になるとは」と本人も予想外の人事だった。

 午後2時過ぎ、安倍首相からの厚労相就任要請に対し「ずっとあなたを批判してきた人間が閣内に入っていいのか」と問いただした。安倍首相は「それがむしろいいんです」と返答をもらい、受諾した。

 安倍首相は記者会見で「舛添氏は政治家になる際にライフワークで社会福祉政策に取り組んできた。国民に対して分かりやすく説明できる」と起用理由を語った。

 亡き母を介護した経験から社会保障制度に精通。年金問題や社保庁改革にも中心的に取り組んできた。舛添氏は今までの安倍批判について「政権にしっかりしてもらわないと困るから批判してきた。首相に対して憎いとか、個人的な感情はない」と説明。

 「泥船内閣」とも揶揄(やゆ)されているが、舛添氏は「そんなことは分かっている。短命政権かもしれない。私は全力を挙げて実績を残していくだけ」とドライに語り、「お友達」ではないことを強調した。

 前任の柳沢伯夫厚労相は「女は産む機械」発言で窮地に立たされた。舛添氏も厳しい口調が勢いあまっての失言が心配されるが、「気を付けていくしかない」と引き締めた。来月からの国会では、年金問題を材料に野党の攻勢は激しさを増しそうだが、「むしろやりがいがある。命がけでやる」と決意表明した。

(2007年8月28日06時00分 スポーツ報知)

★引用終了★

 喜八のボヤキ「スゴイですね。新人閣僚がいきなり《短命政権かもしれない》なんて言ってます」


最強ブログランキング 投票お願いします!



ビリーズブートキャンプ

郵政民営化「凍結」法案 成果は「便乗値上げ」

日刊ゲンダイ」より転載。

★引用開始★

郵政民営化「凍結」法案 成果は「便乗値上げ」

 来月10日召集を軸に調整が進む秋の臨時国会。民主党が野党共同で提出予定の郵政民営化凍結法案が「安倍内閣にボディーブローのように効いてくる」と、与党関係者は神経をとがらせている。

「実は10月1日の民営化と同時に、郵便貯金の振り込みや為替などの手数料が大幅アップするのです。今のところ値上げの実態をメディアはあまり伝えませんが、民営化が迫ればそうもいかない。最近の有権者が自分の懐に直結する問題に敏感なのは、消えた年金で証明済み。『民営化の成果がサービス低下か』と失望を招けば、大ダメージです」(関係者)

 最も不満が出そうなのは、年間利用実績3億5000万件に上る「通常払い込み」の値上げだ。通販や通信講座の代金などを振替口座に送金するサービスだが、取扱金額3万円以上だと、現行150円が330円へと2倍以上に跳ね上がる。

 ほかにも、振替口座から電信で送金し受取人が直営店で受け取る「電信現金払い」は、現行180円(1万円まで)から630円にアップ。「公共料金の払い込み」は、現行の一律30円から240円(3万円以上)と6倍増。遠隔地への住民票請求などに使われる「定額小為替」は1枚10円から100円と、一挙に10倍の値上げだ。

「いずれも、民営化で銀行と同じく印紙税を負担することに伴う措置ですが、利用者には“便乗値上げ”にしか映らない。値上げへの怒りが民営化見直し機運にまで高まれば、一度は民営化に反対した復党組は相当揺さぶられそうです」(自民党関係者)

 気が付けば、安倍政権の足元はガタガタという事態となりかねない。

【2007年8月24日掲載記事】

[ 2007年8月27日10時00分 ]

★引用終了★

 r のボヤキ「国会が始まれば郵政民営化のボロがドンドンでます。国民新党と民主党桜井充さんを守ろう!」


最強ブログランキング 投票お願いします!



格安レンタルサーバ&ドメイン ロリポップ

片山さつきの“謀略発言”に城内実が怒った!!

日刊ゲンダイ」より転載。

★引用開始★

片山さつきの“謀略発言”に城内実が怒った!!

2007年08月26日10時00分

 前回の総選挙で、刺客の片山さつき衆院議員と郵政民営化法案に反対した城内実前議員が激突した静岡7区が、再びヒートアップしている。「半数以上の自民党浜松市議がそっぽを向き、再選は厳しい」(浜松市議)とされる片山氏のテレビでの発言が「悪質なネガティブキャンペーンだ」(城内陣営)と物議を醸しているのである。

 問題の発言があったのは13日放送の「報道ステーション」。番組は総選挙が年内にもあり得るとして、激戦区に注目。城内、片山両氏の日常活動を紹介した後、「静岡7区だけは(民主党の)公認候補が決まっていない。そんな中、ある情報が流れた」というナレーションと共に片山氏が登場、こう発言したのである。

「あの、なんか、ご自分(城内氏)の方で(民主党に)申し込まれたと聞いていますよ」「それで、なんか、これ(指で×印を作る)になったと。ゴールデンウイークぐらいにその話がすごい流れていた。民主党の方がこう(駄目と)言った(再び指で×印を作る)」

 要するに、城内氏が自分から民主党に公認申請して、断られたかのような言い方をしたのである。

 これに城内氏の怒ること。なにしろ、番組が終わるとすぐ、支援者から「無所属で出るんじゃなかったのか」という抗議が殺到したというのである。

「(民主党へのアプローチは)全くない。ガセネタです。私は次の総選挙も無所属で闘うと公言しています。片山発言はあまりに荒唐無稽で残念です」(城内氏)

 民主党静岡県連も「城内さんが民主党に公認申請をしたことはありません。番組の片山発言はウソ」と語った。

 さて、「ウソツキ」呼ばわりされた片山氏はどう言うか。

「私は公認申請をしたとは言っていませんよ。(党の)広報(局長)ですから、いつも言葉は慎重に選んでいます。それに両者が接触したのは間違いない。地元でもそういう話が流れていました」

 選挙が近づき、両者の争いは何でもありになってきた。

(ジャーナリスト・横田一氏)

【2007年8月23日掲載】

★引用終了★

 喜八のボヤキ「傍から見ている限りでは、城内実氏は冷静に対応していると思うが? 講演会内部では強硬論もでているが、城内氏本人が抑えているという状況だと聞く。上の記事中の《両者の争いは何でもあり》という表現はおかしい。《何でもあり》の攻撃を仕掛けているのは、いまのところ片山陣営だけだ」


最強ブログランキング 投票お願いします!



ビリーズブートキャンプ

社説 駆けつけ警護*制服現場の危険な発想(8月25日)

北海道新聞」より転載。

★引用開始★

社説 駆けつけ警護*制服現場の危険な発想(8月25日)

 元陸上自衛隊イラク先遣隊長の佐藤正久参院議員が派遣当時、憲法解釈で禁じられている「駆けつけ警護」を行うつもりだったことを明らかにした。

 「(陸自の警護に当たっていたオランダ軍が攻撃されれば)情報収集の名目で現場に駆けつけ、あえて巻き込まれる。巻き込まれない限りは(武器使用が可能な)正当防衛、緊急避難の状況はつくり出せない」

 佐藤氏は民放の報道番組でそう述べた。りつぜんとする発言だ。

 自衛隊は憲法によって海外での武力行使が禁じられている。政府は、海外で活動中の自衛隊が、攻撃を受けた他国軍のもとに赴いて応戦する駆けつけ警護は、武力行使につながるとして認めていない。

 国連平和維持活動(PKO)協力法やテロ対策特措法、イラク復興支援特措法でも、武器使用は「自己の管理下にある者」を守る正当防衛などの場合に限定している。

 法を逸脱する駆けつけ警護を自衛官が現場で勝手に検討するなど、シビリアンコントロール(文民統制)の原則からいって決して許されないことだ。

 佐藤氏に公開質問状を送った弁護士や学者らは、軍部の謀略によって鉄道が爆破され、日中戦争の発端となった柳条湖事件になぞらえて文民統制無視の姿勢を厳しく批判している。

 これは杞憂(きゆう)ではあるまい。

 佐藤氏は「普通に考えて手を差し伸べるべきだというときは行ったと思う。日本の法律で裁かれるのであれば喜んで裁かれてやろうと」とも述べた。

 独り善がりの正義を掲げ、法の処断を恐れずにそれを実行しようと高ぶる姿には、二・二六事件などを引き起こした旧日本軍の青年将校を思わせる危うさがある。

 佐藤氏は自衛隊を退職し、先の参院選で自民党から立候補して当選した。法を無視しても構わないというような考えを持っているのであれば、国会議員としての資質にも疑問が生じる。

 集団的自衛権の行使について議論している政府の有識者会議では、駆けつけ警護を認めるべきだとする意見が大勢を占めている。

 イラクで駆けつけ警護を行おうというのは、はたして佐藤氏個人の考えだったのか。政府や自衛隊の内部で了解があったのではないか。そんな疑念も膨らんでくる。

 佐藤氏の発言は、自衛隊の派遣先は非戦闘地域だというイラク特措法の前提をも揺るがしかねない。

 次の臨時国会ではテロ特措法の延長問題が大きな争点になる。

 現場の自衛官は何を考えているのか、佐藤氏のような考えがいまも現場にあるのか。この際、徹底的に追及しなければならない。文民統制を機能させるとはそういうことだ。

★引用終了★

 喜八の賞賛「さすがは道警のウラ金問題と戦った北海道新聞だけあって格調高い社説だ。《米国政府の広報誌》と蔑まれるばかりのナベツネ新聞とはモノが違う」


最強ブログランキング 投票お願いします!



オンライン書店ビーケーワン

内閣改造「暴れ馬使いこなせ」=改革後退なら退陣要求も−自民・武部氏

時事通信」より転載。

★引用開始★

2007/08/23-12:15

内閣改造「暴れ馬使いこなせ」=改革後退なら退陣要求も−自民・武部氏

 自民党の武部勤前幹事長は23日午前、都内で講演し、27日に予定される内閣改造に関し「『仲良しクラブ』とか『お友達内閣』(との批判)が多くの人の声なら、謙虚に受け止めてもらわないといけない。暴れ馬を使いこなす人事をやらないといけない」と述べ、党内から幅広く人材を登用するよう求めた。
 また、武部氏は「もっと21世紀型の行財政改革を徹底しないといけない」と指摘。その上で「まずは安倍晋三首相をバックアップする。駄目なら新たな決断をしないといけないときがあるかもしれない」と述べ、改革路線が後退すれば退陣を求める場合もあるとの立場を示した。

★引用終了★

 喜八のボヤキ「《アメリカ様のための改革》を進めよと仰る自称《偉大なるイエスマン》。恥を知らない人間は、ある意味強いね」


最強ブログランキング 投票お願いします!



ビリーズブートキャンプ

テロ特措法:「政府は情報公開を」…前原・民主党前代表

毎日新聞」より転載。

★引用開始★

テロ特措法:「政府は情報公開を」…前原・民主党前代表

 民主党の前原誠司前代表は22日、東京都千代田区の外国特派員協会で講演し、テロ対策特別措置法の延長問題について「政府は徹底した情報公開を行って、民主党が賛成できるような状況を作り出すべきだ」と述べ、政府がより踏み込んだ情報公開を行わなければ賛成は困難との考えを示した。

 前原氏はテロ特措法に基づく自衛隊の活動について「テロを阻止するため参加し続けることは大事だ」と基本的に延長は賛成とする立場を改めて示したが、「効果や分析についての情報が決定的に不足している」と指摘した。また、小沢一郎代表が延長反対を表明したことについて「議論して一致すれば仮に自分の考え方と違っても、従うことは大事だ」と述べ、党として反対を決めた場合は従う考えも示した。

 一方、講演には自民党の中谷元・元防衛庁長官も出席。小沢氏の反対姿勢を「日本の国益より党利党略を考えた議論だ。(自衛隊の活動が)国際社会の中でどう位置付けられているかよく理解し、結論を出してほしい」と批判した。【須藤孝、堀井恵里子】

毎日新聞 2007年8月22日 18時22分

★引用終了★

 喜八のボヤキ「アーミテージあたりに恫喝されると、すぐさまヘナヘナとなってしまう前原先生。こういう決定的に胆力に欠ける政治家は日本国にとって有害だと私は思う。前原先生、あなたは頭領の器ではない。そこのところを誤解していると、日本国民とあなた自身にとって大きな不幸を招くだろう。あなたの政治家としての資質は安倍晋三氏以下だ」


最強ブログランキング 投票お願いします!



イーバンク銀行

公明、「直言路線」に転換 参院選総括

朝日新聞」より転載。

★引用開始★

公明、「直言路線」に転換 参院選総括

2007年08月23日10時08分

 公明党は22日、惨敗した参院選を総括する全国県代表協議会を開いた。自公連立体制の維持を確認する一方で、「くらしに直結した政策」を優先するよう安倍首相に求めることで一致。自公の選挙協力の見直しにも着手する。党内や創価学会に政権への不満がくすぶっているため「直言路線」に転換する構えだ。ただ、不協和音が大きくなりすぎると民主党につけいられかねず、太田執行部は難しいかじ取りを迫られる。

 ■生活者重視の政策実現に力を

 「閣僚の不祥事、失言。そうした危機への対処も悪かった。有権者は民主党に投票することで政権の危機管理能力に怒りと不満の意思を示した」「国会運営では、国民に与党の採決強行の連続と映った。公明党も自民党と一体と見られた」

 太田代表は全国県代表協議会の冒頭のあいさつで、国会議員や都道府県本部の幹部ら200人に頭を下げた。

 太田氏は、参院選について「小泉改革から派生した地域格差や負担増といった『影の部分』への不満や怒りが広がった」と分析。「安倍政権は、生活者重視の政策の実現にこれまで以上に力を注ぐ必要がある。政府や自民党に対して、より強く、よりはっきり意見を申し上げてまいりたい」と強調した。

 それでも党内には不満が強く、その後の質疑では「『言うべきは言う』では弱い。『やるべきをやらせる』ことが必要ではないか」(赤松正雄衆院議員)との注文も飛び出した。

 一方で、太田執行部は「次の戦いは自公の枠組みで戦っていく」(北側一雄幹事長)と連立を維持する方針も確認した。党内には「自民党に文句を言いすぎて、亀裂が生じるのはまずい」との不安も根強い。

 ただし、参院で第1党となった民主党が公明党を揺さぶってくるのは間違いない。福祉、平和、人権……。民主党が参院で「子ども手当法案」といった、公明党が本音では賛成の法案を提出すれば、公明党は対応に苦慮することになる。党幹部は「その場合、本当に悩むことになる」と語る。

 ■選挙協力のあり方 自民と協議

 参院選では、比例票が野党時代と同じ水準まで落ち込んだ。選挙区で自民党候補に協力する代わりに比例区で公明党に投票してもらう、という自公選挙協力のもろさが露呈した格好だ。

 ある公明党参院議員は「選挙区の自民党候補は自分の中核の支持者を公明党に回してくれることが多い。だが、今回はあまりの逆風にその中核支持者も危機感を覚え、比例区では自民党に投票したのではないか」と分析する。創価学会内には「こちらは自民党を必死で応援したのに、政権の失態で見返りはゼロだった」(地方幹部)との不満が強まっている。

 こうした状況を受け、太田氏は県代表協議会で「選挙協力の効果が十分だったとは言えない」と述べ、協力のあり方について自民党と協議する方針を明言。年内に全国会議員と全地方議員がそれぞれ1000軒の支持者を訪問する活動方針も決めた。

★引用終了★

 喜八のボヤキ「淡々と記録しておきます・・・」


最強ブログランキング 投票お願いします!



格安レンタルサーバ&ドメイン ロリポップ

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

郵政民営化凍結

郵政民営化を凍結しよう!
郵政民営化凍結!

ブログ内検索

広告

広告・その他


篆刻素材AOI


自己紹介

実物にはぜんぜん似ていない画像

喜八

喜八ログ(メインブログ)
メール・アドレスadmin@kihachin.net