政治・経済 メモ代わりに

情報の集積

日本郵政の西川社長続投、反対は「当然」 鳩山総務相

日本経済新聞」より転載。

★引用開始★

日本郵政の西川社長続投、反対は「当然」 鳩山総務相

 鳩山邦夫総務相は30日、6月に任期切れとなる日本郵政の西川善文社長の続投を巡り、6月1日にも開く同社唯一の株主である与謝野馨財務相との協議で反対の意向を表明する方針を明らかにした。鹿児島県鹿屋市内で記者団に続投に反対するかを聞かれ、「当然だ」と答えた。

 日本郵政の社長人事は指名委員会が西川氏の続投を決めているが、株主総会の承認を経たうえ、最終的には総務相の認可が必要。総務相が反対の意思を貫けば、政府内の調整が難航しそうだ。

 総務相は同市内での講演で、宿泊施設「かんぽの宿」の譲渡問題に言及し、「日本郵政の上層部を私が許してしまったら、この国には正義はなくなってしまう」と西川氏らを批判した。(30日 18:45)

★引用終了★

 喜八のボヤキ「鳩山邦夫総務相の判断は正しい。現在、西川社長続投を支持しているような勢力は、近い将来、相当痛い目に遭うだろう。国民の共有財産を私《わたくし》しようとする者たちがいつまでものさばっていられるほど、日本は駄目な国ではない」


最強ブログランキング 投票お願いします!

郵政民営化を凍結しよう!
郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています!

かんぽの宿 売却手続きに不備 第三者委 西川社長に報告書

東京新聞」より転載。

★引用開始★

かんぽの宿 売却手続きに不備 第三者委 西川社長に報告書

2009年5月30日 朝刊

 「かんぽの宿」売却が白紙撤回となったことを受け、公正なルールづくりを目指す専門家による第三者検討委員会(委員長・川端和治弁護士)は二十九日、かんぽの宿譲渡自体は「経営判断の範囲内」と妥当性を認める判断を示した上で、手続きに不備があったとする報告書を西川善文社長に提出した。

 同委員会は日本郵政が問題検証と資産譲渡のあり方を検討するため、今年二月に設置した。鳩山邦夫総務相が「出来レース」と批判するなど、最初からオリックス不動産に譲渡先が決まっていたのではないかとの指摘は「そのようなことはなかった」と否定。違法行為も確認できなかったとしている。

 報告書は、オリックス不動産に百九億円で売却を決めたことや、一括譲渡する方法は「経営判断として不合理、不適切とは言えない」と結論づけた。

 その上で「一括売却により、価格が下がる可能性を検討した記録がない」と手続き上の問題を指摘。事業譲渡の際の社内規定が存在しない点や、重要事項の検討過程で文書記録を残していない−などの問題があるとして改善を求めた。

★引用終了★

 喜八のボヤキ「淡々と記録しておきます・・・」


最強ブログランキング 投票お願いします!

郵政民営化凍結!
郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています!

(※上のバナーは「或る浪人の手記」さん作成です)

次男公認問題で沈黙=小泉氏

時事通信」より転載。

★引用開始★

次男公認問題で沈黙=小泉氏

 「きょうは国政の話は遠慮した方がいい」。自民党の小泉純一郎元首相は25日夜、地元の神奈川県横須賀市で開かれた会合で講演したが、公認問題の渦中にある次男・進次郎氏の話題には一切触れなかった。
 同党は、親族から地盤を引き継ぐ世襲候補について、次の衆院選から公認しないことを検討。これが実現すれば、進次郎氏も公認から漏れることになる。
 父親としての反応が注目される小泉氏だが、この日は「北朝鮮の核実験問題で国政上の話もいろいろあるが、(きょうは)わたしの会ではありませんので」と前置きし、地元の観光開発などの無難な話題に終始。講演後、記者団から進次郎氏に関する質問を受けたが、無言で会場を後にした。 (2009/05/25-23:00)

★引用終了★

 喜八のボヤキ「逃げ回る小鼠・・・」


最強ブログランキング 投票お願いします!

郵政民営化凍結!
郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています!

(※上のバナーは「或る浪人の手記」さん作成です)

加藤紘一、竹中平蔵両氏が小泉改革めぐり非難の応酬

産経新聞」より転載。

★引用開始★

加藤紘一、竹中平蔵両氏が小泉改革めぐり非難の応酬

2009.5.24 22:26

 小泉構造改革を批判する新著を出版した自民党の加藤紘一元幹事長と、小泉内閣の閣僚として構造改革を主導した竹中平蔵慶応大教授が24日、テレビ朝日番組で、激しい非難の応酬を繰り広げた。

 加藤氏が「改革で地方の疲弊は程度を超えている。あなたの考えには、社会(への配慮)がない」と竹中氏を糾弾すると、竹中氏は「加藤氏は(経済が停滞した)『失われた10年』を作った責任者だ。それを終わらせた小泉氏を文明評論家のように批判するのはおかしい」と反撃した。

 加藤氏は小泉内閣当時のゼロ金利政策や企業重視の姿勢が、個人の資産目減りや収入減につながり、「今や社会全体がイライラしている」と指摘。

 これに対して竹中氏は、加藤氏がバブル崩壊直後の1990年代、自民党幹事長などの要職を歴任したことを指摘し、「加藤さんがしっかり不良債権処理をしなかったから、われわれが処理した。後ろに戻れば未来があるというような議論は間違いだ」と述べた。

★引用終了★

 喜八のボヤキ「恥を知らないことだけは「超」一流の男・竹中平蔵。だが、無恥だけを武器にいまの苦境を乗り切ることはできないだろうな」


最強ブログランキング 投票お願いします!

郵政民営化凍結!
郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています!

(※上のバナーはSOBAさん作成です)

「1日1回笑顔の練習」…チルドレン向け自民マニュアル本

読売新聞」より転載。

★引用開始★

「1日1回笑顔の練習」…チルドレン向け自民マニュアル本

 1日1回、鏡の前で笑顔の練習。披露宴のスピーチでは政局の話は控える――。

 自民党選対本部は近づく衆院選に向け、政治家のマナーや選挙戦術を伝授するマニュアルを作り、党所属国会議員と立候補予定者に配布した。

 党機関誌で、選挙プランナーの三浦博史氏らが執筆した記事を小冊子にまとめたもので、「心をつかむ政治家マナー講座」「知っておきたい今どき選挙」「今さら聞けない選挙の?」の3冊を2500部ずつ印刷した。

 「マナー講座」では、身だしなみ、お辞儀や握手の仕方に始まり、話を聞く際には「適度に相づちを入れ、相手の目を見て、少し身を乗り出し気味にする」など、有権者の心をつかむコツを詳しく紹介している。

 ◆「勢いで当選…基本知らない議員も」◆

 マニュアルの作成は、前回衆院選で初当選した「小泉チルドレン」に選挙のノウハウを理解させるのが狙いだ。党関係者は「勢いだけで当選し、基本を知らない議員もいる」と話している。

(2009年5月24日12時19分 読売新聞)

★引用終了★

 喜八のボヤキ「いやはや、なんとも・・・。根本的な部分で違うと思う」


最強ブログランキング 投票お願いします!



楽天ブックス

西川・郵政社長が続投強調 政財界巻き込む攻防に

東京新聞」より転載。

★引用開始★

西川・郵政社長が続投強調 政財界巻き込む攻防に

2009年5月23日 07時11分

 「続投」か「更迭」か−。日本郵政の西川善文社長の進退をめぐる攻防が政界や経済界を巻き込んで激しさを増してきた。再任案を審議する六月下旬の株主総会と、最終的な認可権限を有する鳩山邦夫総務相の判断が焦点。「静観」を決め込む首相官邸も調整に乗り出すとみられ、最後は麻生太郎首相が黒白をつける政治決着となりそうだ。 (花井勝規)

◆対決

 二十二日、対立する双方があらためて火花を散らした。

 鳩山総務相は閣議後会見で、「汚れた者を排除したら改革は進む。私が人事をいじったら改革が後退するなんて。まったく逆だ」と西川社長の再任案を拒否する考えを明言した。

 一方、西川社長は同日の記者会見で「(総務相の言う)正義にもとることをやった認識はない」と自らの“潔白”を強調、続投の意思を表明した。両者がそれぞれ退路を断ち、一歩も譲らないガチンコ対決の構図だ。

 閣僚の一人は「明らかにやりすぎだ」と鳩山総務相の言動に顔をしかめる。自民党若手議員も「改革に後ろ向きとのイメージができると選挙が戦えない」と気が気ではない様子。首相官邸の関係者も「交代させるな、との圧力がものすごい」と党内の反応に困り切った表情だ。

◆後任選び

 一方、経済界には異なる空気が漂う。

 「最近会った経営者の十人中八人は西川さんは引くべきだと言う。それが国民感情に近いのでは」。郵政の内情に詳しい経済界の重鎮はそう漏らす。内部統制の不徹底や情報開示の遅れを挙げ、「西川さんはやり方を間違えた」と指摘する。

 十八日に指名委員会は西川社長の続投案を決めたが、委員長の牛尾治朗ウシオ電機会長は、竹中平蔵元郵政民営化担当相と共に西川社長を推した“生みの親”。「続投」は既定路線で、距離を置く日本経団連の元幹部らは「やはり金融関係者じゃダメだ。利益相反になる」と総務相側の要請を受け、後任選びに乗り出している。

 しかし、「あれだけ政治に介入されたら経営者はたまらない。誰も引き受け手がいなくなる」(経済同友会幹部)との声もあり、進退問題がどちらに転んでも影響はしばらく残りそうだ。

◆今後は

 日本郵政は六月二十九日の株主総会に西川社長の再任案を含めた議案を提出する。現在は国が100%の株を保有しているため、財務省の担当官が株主として出席するが、主管省庁は総務省のため議案には反対しないのが通例という。

 ただ、総会の前には総務省と内閣官房による事前協議があり、ここで日本郵政の人事案をどう扱うのかが最初の焦点になる。

 次は総会後の総務相の判断が問題となる。総会で西川社長再任が決まっても、日本郵政株式会社法の定めで、総務相が認可しなければ総会の取締役選任決議は効力を生じない。鳩山総務相が否認方針を覆さない限り、再任は白紙となる。

 否認されなかった取締役だけで暫定的な取締役会をつくり、取締役の互選でメンバーを決める新しい指名委員会で新たな人事案を練り直すなどの異常事態も想定され、決着までは予断を許さない状況が続きそうだ。

(東京新聞)

★引用終了★

 喜八のボヤキ「かんぽの宿問題は、郵政疑獄の入り口にすぎない。これからまだまだ汚いものがさらけ出されるだろう。マスメディアはあまりに不勉強なのか、それとも承知の上で買弁者たちの援護射撃をしているのだろうか?」


最強ブログランキング 投票お願いします!

郵政民営化を凍結しよう!
郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています!

小泉ジュニア公認見送りか…世襲制限前倒し 当選後に追加公認?

スポーツ報知」より転載。

★引用開始★

小泉ジュニア公認見送りか…世襲制限前倒し 当選後に追加公認?

 小泉ジュニア、公認見送りか―。自民党は21日、次期衆院選から新人の世襲候補の出馬を制限する方向で調整に入った。直系親族が同一選挙区から立候補する場合は公認しない案が軸。麻生太郎首相(党総裁)が最終判断する。

 決定すれば、公認が内定していた小泉純一郎元首相の次男、進次郎氏(神奈川11区)と臼井日出男元法相の長男、正一氏(千葉1区)の公認が見送られることになる。複数の選対幹部によると、その場合は両氏とも無所属で出馬する見通しで、当選後に追加公認する可能性もあるという。

 首相は21日、「有能な人が出られなくなるのも具合が悪い。公募をかけきちんとやったらいい話ではないか」と制限案に前向きな考えを表明。進次郎氏の事務所は同日、「この件についてはコメントしない」と回答している。

 党改革実行本部がまとめた世襲制限の素案によると、法律では制限せず、党の内規で定め、現職国会議員は対象外。資金管理団体の継承も認めない方向だ。

 党内では当初、制限自体に反対する声が強く、菅義偉選対副委員長も「次の次の衆院選」からの実施を主張していた。だが、民主党が次期衆院選から実施する方針を決め、争点化しそうな情勢になったのを受け、自民党も前倒しを検討。党神奈川県連会長を務める菅氏や小泉氏に近い武部氏が水面下で党内調整を進めていた。

 進次郎氏の後援会関係者は「小泉親子がどう反応するか見守るしかない。仮に無所属での出馬になっても、進次郎氏を応援する」。また、自民党選対関係者は「小泉さんは『(進次郎も)少しは苦労しなきゃ。無所属で勝ち上がればいい』というスタンスのようです」と話している。

(2009年5月22日06時02分 スポーツ報知)

★引用終了★

 喜八のボヤキ「淡々と記録しておきます・・・」


最強ブログランキング 投票お願いします!



オンライン書店ビーケーワン

世襲制限「次の衆院選で」 自民・武部氏ら改革案

日本経済新聞」より転載。

★引用開始★

世襲制限「次の衆院選で」 自民・武部氏ら改革案

 自民党の党改革実行本部(武部勤本部長)は20日、国会議員の「世襲立候補」の制限に関し、次期衆院選からの適用を検討するよう求める方針を固めた。武部氏も同日、若手議員との会合で「世襲制限の問題などは明確に次の選挙から対応すべきだ」と強調した。改革姿勢を訴えて民主党に対抗する狙いがあるが、小泉純一郎元首相の次男・進次郎氏らが公認候補から外れるため、党内から異論が出ることも予想される。

 同本部の党改革に関する委員会(山口泰明委員長)が21日まとめる素案に盛り込んだうえで、月内に麻生太郎首相(総裁)に提出する方向だ。(2009/05/21 07:43)

★引用終了★

 喜八のボヤキ「《次男・進次郎》氏がすんなり通るようだと、日本は相当な危険水域に入っているということ。野党の皆さんは一致団結して、小泉の首を取りに行くべきだ!」


最強ブログランキング 投票お願いします!



楽天ブックス

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

郵政民営化凍結

郵政民営化を凍結しよう!
郵政民営化凍結!

ブログ内検索

広告

広告・その他


篆刻素材AOI


自己紹介

実物にはぜんぜん似ていない画像

喜八

喜八ログ(メインブログ)
メール・アドレスadmin@kihachin.net