政治・経済 メモ代わりに

情報の集積

横浜の中田市長辞職 「市政投げ出した」「残念」…意見さまざま

産経新聞」より転載。

★引用開始★

横浜の中田市長辞職 「市政投げ出した」「残念」…意見さまざま

2009.7.28 22:27

 横浜市の中田宏市長(44)が辞任を表明した28日、中田市長は会見で「市の財政再建にめどがついた」など、これまでの実績をアピールして理解を求めた。その一方で、市議や市職員、市民からは「投げ出しだ」「熱心だったので残念」など、さまざまな意見が聞こえてきた。

 ■辞表提出

 28日午後1時ごろ、中田宏横浜市長(44)は辞表を手に、横浜市議会の川口正寿議長(66)を訪れた。「市民367万人を裏切るんですか」。川口議長の問いに、中田市長は「そうではありません」と答えた。川口議長は辞表を受理し、すぐに同市選管に通告した。5分ほどで議長室を出た中田市長は、晴れやかな表情でまっすぐ前を見つめ市長室へ戻った。

 約30分後に開かれた臨時の記者会見では、あふれんばかりの報道陣が集まり、矢継ぎ早に質問。中田市長は任期途中での辞任について、市の財政再建にめどがついたことや、今秋設立予定の新たな政治団体での活動に専念していくことなどを繰り返し強調した。

 市民に対しては、「不便をかけたり、我慢してもらったりということもたくさんあったと思う。協力に感謝している。市の財政が、少なくとも次につながる状態にすることができた」と、目を潤ませて一言一言をかみしめながら話した。

 ■批判の市会

 突然の辞任表明に対し、市議会からは批判が相次いだ。

 自民党横浜市会議員団の佐藤茂団長(54)は、「これだけいきなりやられてしまうと政党や会派、有権者に時間的余裕を与えられない。(8月30日の投開票の場合)衆院選の投票日に行ったついでに、(市長選に)1票投じてくるというのでは困る」と不快感をあらわにした。29日午後に団会議を開き、推薦候補者探しに着手するという。

 ある民主党市議(60)は「投げだし以外の何ものでもない。任期途中での辞任、選択してもらった市民に対して責任を全うしていない」。公明党の仁田昌寿団長(52)も「付託した市民からは理解が得られないのではないか。率直に『投げ出し』との感を受ける」と顔をしかめた。

 ■どうなるY150

 中田市長が名誉会長を務める横浜開港150周年記念事業「開国博Y150」。9月27日までの会期で有料入場者数の目標は500万人だが、7月27日の時点で約64万人と、苦戦を強いられている。

 夏休みのかき入れ時を迎えた矢先の市長辞任。横浜開港150周年協会の担当者は、「市長自身が力を入れてやっていたので、報道で辞任を知ったときは驚いた。イベント自体に支障はないと願うが、辞任後も応援してもらえるのだろうか…」と不安げな様子だった。

 ■市職員や市民は

 市の30代女性職員は「職員に直接メールを送ったり、末端の職員の声を聞こうという姿勢があったのに」と残念がった。

 市医療政策課の男性職員は(33)は「改革派市長として誠実に業務をし、熱心だったと思う。今後は横浜市にかかわらず活躍してほしい」とエールを送った。

 一方、横浜市戸塚区の無職の女性(70)は「ちょっと無責任。やりたいことがあって市長になったのではないのか。自分では財政立て直しをアピールしているが、市の財政は厳しいと思う。次の市長には財政をしっかりして、福祉に目を向けてほしい」と批判。

 横浜市旭区の会社員、原壮一さん(49)は「びっくりした。橋下さん(大阪府知事)や東国原さん(宮崎県知事)といろいろやっていてよかったと思う。やることはやったのでは。利益を生み、横浜市が横浜株式会社みたいな感じになっていたと思う」と評価した。

 盟友の松沢成文知事は、「出処進退は最高の政治倫理として尊重する」とした上で、任期途中の辞任については「市民に理由を説明すべきだ」とコメントした。

★引用終了★

 喜八のボヤキ「市政を中途で投げ出すことを正当化できるだろうか? 私はできないと思う。それにしても、さかなくん《もどき》といい、そのまんまといい、無責任野郎がやたらにはびこる今日この頃・・・」


最強ブログランキング 投票お願いします!

小泉元首相、議員最後の日「今の権力闘争は甘い」

読売新聞」より転載。

★引用開始★

小泉元首相、議員最後の日「今の権力闘争は甘い」

 昨秋、突然の引退表明で国民を驚かせた小泉元首相。「議員生活最後の日」となる21日は、午後から開かれる衆院本会議を前に、神奈川県鎌倉市の円覚寺で講演を行った。

 円覚寺が企画した「夏期講座」の一環で、この日の講師は計3人。小泉元首相は午前11時前から、数百人の聴衆を前に「思うようにいかないのが人生 だからorそれでも」の題で話した。

 ノーネクタイで白いワイシャツの腕をまくって登場した小泉元首相は「今日は議員として最後の記念すべき講演」と切り出した。途中、鎌倉幕府を舞台にした将軍暗殺などの歴史をひもときながら、「今の権力闘争は甘っちょろい」と自民党内の混乱をチクリと刺す場面も。「午後は首を切られに国会に行きます」と冗談めかして約1時間の講演を締めくくった。その後、国会に向かったが、元首相の事務所によると、事故渋滞に巻き込まれ本会議には間に合わなかったという。

 関係者によると、引退表明以降は表立った活動が少ない元首相だが、支援者には「議員は辞めても、政治活動は続ける」と伝えており、2年前に顧問に就任した政策研究機関「国際公共政策研究センター」を拠点に、今後も政策提言や講演活動を続けていくという。

 神奈川11区から後継として出馬予定の次男・進次郎氏(28)に対する直接の応援は“封印”している。また、今月9日に武部勤・自民党元幹事長の応援で訪れた北海道礼文町内での講演では、「『議員を辞めるのをやめたと言ってくれ』と言われたが、それはできない。今だって親バカと言われているから、そんなことやったら本当にバカになっちゃう」と語っていた。

(2009年7月21日15時54分 読売新聞)

★引用終了★

 喜八のボヤキ「負け犬亡国政治屋がよく言うよ。笑」


最強ブログランキング 投票お願いします!

郵政民営化凍結!
郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています!

(※上のバナーは「或る浪人の手記」さん作成です)

「逆風も感じています」小泉進次郎氏がブログ開設

スポーツ報知」より転載。

★引用開始★

「逆風も感じています」小泉進次郎氏がブログ開設

 8月30日の総選挙に神奈川11区から出馬する小泉純一郎元首相(67)の次男・進次郎氏(28)が17日からオフィシャルブログ(http://jimin.cc./koizumi/)を開設した。自宅がある三春町の京急堀ノ内駅前での駅立ちや市民との「語る会」などの活動から草野球で始球式を行ったことなどを詳しくつづっており、19日まで毎日更新している。

 進次郎氏が街頭での活動を開始したのは7月1日。横須賀市長選で小泉元首相が応援していた自民推薦の現職が落選した翌日だった。昨年9月に政界電撃引退を表明した小泉元首相から後継指名を受けてからはメディアなどの露出を避けていたように見られていた。だが、18日の京急久里浜駅前での街頭演説の後には「街を歩いていて『頑張って』と声をかけられるけど、逆風も感じています」と危機感を打ち明けており、積極的に自身の活動を発進していく考えだ。

 連休最終日となった20日の午後は横須賀市の追浜地区を中心に街頭活動。「ブログを始めました。携帯からでも見られますので、ぜひご覧ください」と市民に直接PRしていた。

(2009年7月21日06時01分 スポーツ報知)

★引用終了★

 喜八のボヤキ「お寒いブログだ。おそらく、小泉陣営にはインターネットのプロがいないのだろう。はたして、このブログが選挙にプラスになるものかどうか?」


最強ブログランキング 投票お願いします!

郵政民営化凍結!
郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています!

(※上のバナーはSOBAさん作成です)

統一教会会長が辞任

スポーツ報知」より転載。

★引用開始★

統一教会会長が辞任

 世界基督教統一神霊協会(統一教会)の徳野英治会長(54)が13日、東京都内で記者会見し、印鑑販売会社「新世」の特定商取引法違反事件を受けて辞任することを明らかにした。

 徳野会長は「社会にご心配をかけ、一般信者にも迷惑をかけた。道義的責任を取る」と辞任の理由を説明した。新会長には教団幹部の梶栗玄太郎氏(72)が就任する。

 事件では、統一教会信者の社長ら7人が同法違反容疑で警視庁公安部に逮捕され、2人が起訴、5人が略式起訴された。

 新世から統一教会南東京教区の幹部に印鑑の販売実績が報告されていたとして、公安部は「新世と統一教会は密接不可分な関係にある」としているが、徳野会長は「統一教会は信者の経済活動の指導はしていない」と事件への関与を否定した。

(2009年7月13日19時26分 スポーツ報知)

★引用終了★

 喜八のボヤキ「ついでに、統一教会とズブズブの関係にある国会議員たちにも辞任して欲しい」


最強ブログランキング 投票お願いします!

郵政民営化を凍結しよう!
郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています!

自民内対立が敗因=石原氏

時事通信」より転載。

★引用開始★

自民内対立が敗因=石原氏

 自民党都連会長の石原伸晃幹事長代理は13日未明、党本部で記者会見し、与党が都議選で敗北した原因について「国政におけるわが党の統一感のなさが、(有権者の)信頼や期待を喪失したことに尽きる」と述べ、麻生太郎首相の進退や衆院解散時期などをめぐる自民党内の対立が響いたとの見方を示した。また、次期衆院選への影響に関して「極めて大きい」と懸念を示した。
 都連会長としての責任については、「しっかりと責任を取っていく覚悟だ」と述べるにとどめた。 (2009/07/13-01:47)

★引用終了★

 喜八のボヤキ「超ボンクラな言い訳をこねる石原伸晃氏。こんなのが《自民党都連会長》じゃあ、選挙に勝てるわけないよな」


最強ブログランキング 投票お願いします!



楽天市場

横須賀市長選余波『小泉王国』の変 無党派の風追って街へ

東京新聞」より転載。

★引用開始★

横須賀市長選余波『小泉王国』の変 無党派の風追って街へ

2009年7月9日

 小泉純一郎元首相らが応援し、自民、民主両党など主要各党が支援した現職(64)が敗れた先月の横須賀市長選。三十三歳の吉田雄人新市長は十日、初登庁する。漂う閉塞(へいそく)感を打ち破ろうと市民が、自民でも民主でもない、若い新たなかじ取りを求めたことで、衆院11区(横須賀、三浦市)で出馬予定の各陣営は、「追い風」を求め、悩みながらも新たに動きだした。 (新開浩)

 先月三十日早朝。市長選から二日後の京浜急行横須賀中央駅前に大きな声が響いた。「おはようございます。小泉進次郎です」

 小泉元首相の次男で自民新人の進次郎氏(28)は、世襲問題など「中央政界のいろんな情勢」を考慮、街頭活動を控えてきた。市内での街頭活動は、この日が初めてだ。

 街頭活動の開始と、市長選の結果を進次郎氏は「関係ない」と言う。だが「これからは無党派層にも共感を得られる候補者でないと勝てない」と、父の地盤だけでなく、広く支持を訴える必要性を語った。今後、ホームページも立ち上げる。

 一方、民主新人の横粂(くめ)勝仁氏(27)は、市長選後、初の週末となった四日午後、先月中旬から五回目となる住宅街でのミニ集会を開いた。会場周辺の民家に集会の日時を知らせるビラを配ると、白髪交じりの年配の男女ら十七人が集まった。「参加者は過去最大規模」(横粂氏)という。

 だが、参加者の男性から厳しい質問を浴びた。「政権交代といっているのに、なぜ市長選で自民党とともに民主党は相乗りしたのか」。横粂氏は、落選した前市長の実績などを必死に訴え、市長選での党の支援方針に理解を求めた。

 11区では、共産党の新人伊東正子氏(68)と、幸福実現党の新人鶴川晃久氏(34)も出馬を表明。両氏とも無党派対策を重視し、駅頭などでの街頭演説に力を入れている。

★引用終了★

 喜八のボヤキ「《今後、ホームページも立ち上げる》とは、余裕綽々の小泉進次郎氏。世襲4代目という特権にアグラをかいた、まさに殿様戦法。さて、小泉藩の今後はどうなるか? 注目し続けよう」


最強ブログランキング 投票お願いします!

郵政民営化を凍結しよう!
郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています!

(※猫の画像は「ImageChef イメージクリエーター」で製作しました)

暴動で死者140人=新華社電

時事通信」より転載。

★引用開始★

暴動で死者140人=新華社電

 【北京6日時事】新華社電によると、中国新疆ウイグル自治区の区都ウルムチの市政府は7月6日、5日夜に発生した住民による暴動で少なくとも140人が死亡、828人が負傷したと発表した。車両261台や商店203軒が焼かれ壊されるなど被害も大きく、昨年3月のチベット自治区ラサに続く、少数民族居住区での大規模暴動となった。
 暴動は、在外ウイグル人組織「世界ウイグル会議」がインターネットなどを通じて呼び掛けて発生したとされる。警察は、暴動を扇動した10人以上を含む数百人の暴動参加者を逮捕。暴動は「基本的に抑え込んだ」としている。(2009年7月6日配信)

★引用終了★

 喜八の抗議「中国政府は虐殺を即座に止めろ! 日本マスコミは民主化運動に《暴動》とレッテル貼りをするのを止めろ! 恥を知れ!」


最強ブログランキング 投票お願いします!

郵政劇場型選挙の反省ゼロ 民放TVの大罪

日刊ゲンダイ」より転載。

★引用開始★

郵政劇場型選挙の反省ゼロ 民放TVの大罪

2009年07月02日10時00分 / 提供:ゲンダイネット

 このところ、テレビでこの2人の顔を見ない日はない。宮崎県の東国原英夫知事(51)と、大阪府の橋下徹知事(40)だ。週末も出ずっぱりだった。

 彼らがナントカのひとつ覚えのように訴えているのが、地方分権。28日夕方の報道番組に出演した東国原知事は、「私が総理大臣になれば、地方分権が実現する」と大風呂敷を広げ、「地方分権が実現すれば、日本の未来はバラ色だ」と胸を張っていたが、これってどこかで見た光景じゃないか。

 スタジオのコメンテーターから「地方分権だけで国政はできない」と反論された東国原知事は憮然とした表情を見せ、一瞬キレそうになったが、画面はすぐ知事に好意的なコメンテーターの発言に切り替わった。東国原知事に都合の悪い部分はカットされてしまうかのようだ。

「今のメディア報道は、かつての小泉ブームに似た危うさを感じます。東国原知事も橋下知事も、タレント出身でメディアの使い方に長(た)けているし、高い支持率を背景に怖いものなし。話題として面白いからと、メディアが安易に飛びついている印象です。彼らの言い分をただ垂れ流すだけで、地方分権についてのキチンとした検証もない。これだけ多くの時間を割くほどの重要なテーマだというなら、地方分権についての議論を深めたり、反論も報道するべきです」(明大教授・井田正道氏=計量政治学)

●お題目だけの「地方分権」が独り歩き

 05年の郵政選挙では、小泉元首相が「郵政民営化」一本やりで突き進み、大マスコミはそれに踊らされた。テレビは連日、刺客だ抵抗勢力だと面白おかしく報じたものだ。

 その結果、総選挙は郵政民営化に「賛成」か「反対」かを問うシングルイシューの国民投票になりかわってしまった。

 テレビ各局は、小泉劇場政治の過ちを繰り返そうとしている。政策より知名度優先のショーアップ選挙では、暮らしや景気対策、そして何より政権交代といった重要なテーマが置き去りにされてしまう。有名人の言動で選挙の焦点がボカされ、自民党のダメっぷりを覆い隠してしまう恐れすらある。

 九州大学名誉教授の斎藤文男氏(憲法)が言う。

「古賀選対委員長が白昼堂々、宮崎県庁に出馬要請に行ったのは、マスメディアを巻き込む狙いでしょう。本気で口説くなら、陰でこっそりやればいい。自民党も落ちぶれたものです。それにまんまと乗せられているマスコミも情けない。だいたい、東国原知事に信念があるとは思えません。地方分権は大義名分で、自分を高く売り込もうとしているだけ。橋下知事にしても、テレビを利用して影響力を高めようという魂胆が見て取れます。メディアには、彼らのパフォーマンスを無視するくらいの見識が欲しいですね」

 自民党とパフォーマンス知事の三文芝居にはウンザリ。視聴率が欲しい民放テレビは利用できても、有権者はもうダマされない。

(日刊ゲンダイ2009年6月29日掲載)

★引用終了★

 喜八のボヤキ「《民放TV》幹部連中はおそろしく品性・知性が乏しい! ひたすら自滅への道を驀進する者たちへ。日本を道連れにするなよ!」


最強ブログランキング 投票お願いします!

郵政民営化凍結!
郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています!

(※上のバナーは「或る浪人の手記」さん作成です)

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

郵政民営化凍結

郵政民営化を凍結しよう!
郵政民営化凍結!

ブログ内検索

広告

広告・その他


篆刻素材AOI


自己紹介

実物にはぜんぜん似ていない画像

喜八

喜八ログ(メインブログ)
メール・アドレスadmin@kihachin.net