政治・経済 メモ代わりに

情報の集積

クリントン元米大統領が平壌到着、記者解放交渉へ

読売新聞」より転載。

★引用開始★

クリントン元米大統領が平壌到着、記者解放交渉へ

 【ソウル=前田泰広】北朝鮮の朝鮮中央通信は4日、米国のビル・クリントン元大統領(62)が同日、平壌に到着したと報じた。

 米朝関係に詳しい韓国の消息筋によると、クリントン氏は、北朝鮮に拘束されている米国人女性記者2人の解放交渉のため、チャーター機で北朝鮮に向かっていた。韓国・聯合ニュースによると、クリントン氏は同日午前10時48分(日本時間同)、平壌の順安空港に着いた。クリントン氏の訪朝は核問題を巡っても米朝交渉のきっかけになる可能性がある。

 この消息筋は「米国政府当局者は随行していない。個人資格で訪朝すると聞いている」としつつ、クリントン元大統領が金正日(キムジョンイル)総書記と会う可能性があると指摘した。同通信などによると、平壌の空港では楊亨燮(ヤンヒョンソプ)最高人民会議常任副委員長、金桂寛(キムケグァン)外務次官が出迎えた。

 一方、米国家安全保障会議(NSC)の当局者は本紙に米国時間3日夜、クリントン氏の訪朝について「コメントできない」と語った。

 ヒラリー・クリントン米国務長官は、核問題と切り離して女性記者解放交渉を進める意向を示していたが、元大統領の訪朝では、北朝鮮に核問題をめぐる6か国協議復帰を求め、北朝鮮問題の「包括的解決」を模索するオバマ米政権の方針を伝えると見られる。

 北朝鮮側は、記者解放を取引材料として核問題をめぐって自国に有利な形の米朝交渉を求めてくる可能性がある。北朝鮮は7月27日の外務省報道官の談話で、6か国協議以外に対話方式があると主張。申善虎(シンソンホ)国連大使も「我々はいつでも対話をする準備ができている」と述べ、米朝交渉を求めていた。

 北朝鮮は核開発疑惑で危機が高まった1994年6月、ビル・クリントン大統領(当時)の事実上の特使としてカーター元大統領の訪朝を受け入れた。これをきっかけに、両国の対話が再開し、軽水炉提供や将来の米朝関係正常化などを盛り込んだ94年10月の「米朝枠組み合意」調印につながった。

 ◆米国人女性記者拘束事件=今年3月17日、米ケーブルテレビ局の米国人女性記者、ユナ・リーさん(韓国系)とローラ・リンさん(中国系)が中朝国境沿いの図們一帯を取材中、北朝鮮当局に拘束された。6月8日に「朝鮮民族敵対罪」と「不法国境出入罪」に問われ、懲役にあたる労働教化刑12年の判決を受けた。2人はその後も「刑務所」でなく、平壌の招待所などにいるとみられる。

(2009年8月4日13時12分 読売新聞)

★引用終了★

 喜八のボヤキ「拉致問題解決に向けて、日本政府は何をやっているのだろうか? もしかして、無為無策ですか?」


最強ブログランキング 投票お願いします!



オンライン書店ビーケーワン


トラックバック

http://kihachin.dtiblog.com/tb.php/1627-b2906655

-

管理人の承認後に表示されます

« 城内実氏と真鍋かをりの後援会ポスターを騒動にしたのは誰だ  | HOME |  武部元幹事長、沈黙…北海道12区 »

PAGE TOP ▲

郵政民営化凍結

郵政民営化を凍結しよう!
郵政民営化凍結!

ブログ内検索

広告

広告・その他


篆刻素材AOI


自己紹介

実物にはぜんぜん似ていない画像

喜八

喜八ログ(メインブログ)
メール・アドレスadmin@kihachin.net