政治・経済 メモ代わりに

情報の集積

城内実氏と真鍋かをりの後援会ポスターを騒動にしたのは誰だ

日刊ゲンダイ」より転載。

★引用開始★

城内実氏と真鍋かをりの後援会ポスターを騒動にしたのは誰だ

●「公選法では問題ないのに…」

 選挙絡みのトラブルで「とくダネ!」(フジテレビ)の出演を見合わせ――。真鍋かをり(28)のスキャンダルがやっと着地した。

 そもそもの原因は29日に一部で報じられた静岡7区から無所属で衆院選に出馬する城内実氏と一緒に写ったポスター。昨年、2人が城内氏のオフィシャルサイトで対談したことが縁でツーショットのポスターが実現したものだ。

 これは公職選挙法では何ら問題はないのだが、真鍋側とフジ側が問題視し、まず真鍋が自身のブログで対談の写真が使用されたことに対して、「困惑しています」とコメント。フジは「事実関係を確認中」(広報部)ということで30日の出演を見合わせた。

 だが、不思議なのは使用された写真は対談時のものではなく、真鍋の事務所と、間を取り持った芸能事務所「オフィスプロペラ」の木村正明社長の了承のもとで、城内氏側に渡された写真だ。真鍋はブログでコメントする前に事務所に確認するのが賢明だし、先にフジや木村社長、所属事務所と話し合った方がよかった。

 だが、こじれにこじれて城内氏が真鍋の写真を無断使用したような展開に。そこで芸能界の重鎮、何人もの関係者が動いて事態が収拾されて、木村社長が城内氏と真鍋に対して「お詫び申し上げます」という文書を出し、城内氏はポスターを撤去した。

 この騒動はそれにしてもお粗末だ。そもそも問題がないポスターでここまで大騒ぎになったのが解せない。

 騒動の当初はフジ局内でドタバタがあったとされる。誰かがフジに「ワイドショーに出ているタレントが特定の政治家のポスターに出てもいいのか」と横槍を入れたのが発端という情報があるのだ。フジはこれを否定しているが、時期が時期だけにあり得ない話ではない。誰かがたきつけた可能性がある。

 それにしても、結果的には城内氏にも真鍋にも迷惑な話だった。

(日刊ゲンダイ2009年8月1日掲載)

★引用終了★

 喜八のボヤキ「淡々と記録しておきます・・・」


最強ブログランキング 投票お願いします!

郵政民営化を凍結しよう!
郵政民営化凍結」TBキャンペーンを行なっています!

トラックバック

http://kihachin.dtiblog.com/tb.php/1629-5bc86a28

« 横浜の中田市長辞職 「市政投げ出した」「残念」…意見さまざま  | HOME |  クリントン元米大統領が平壌到着、記者解放交渉へ »

PAGE TOP ▲

郵政民営化凍結

郵政民営化を凍結しよう!
郵政民営化凍結!

ブログ内検索

広告

広告・その他


篆刻素材AOI


自己紹介

実物にはぜんぜん似ていない画像

喜八

喜八ログ(メインブログ)
メール・アドレスadmin@kihachin.net